Voice

Case.06

BtoCからBtoBへ
異なる商談スタイルに挑戦する

  • TOP>
  • 先輩社員の声 / CASE.06
01.入社したきっかけは?
01.入社したきっかけは?

01.

IT業界に携わりたい!という思いで転職活動をしていました。IT業界は私の中で憧れで、時代の最先端に行きたいと思い、IT業界に興味を持ちました。たくさんあるIT企業の中でgritsを選んだ理由は、医療業界に特化している所に惹かれたからです。開業医の先生とお話しして課題の解決のお手伝いができる仕事ってあまりないと思いますし、経営の部分にも関われるとても重要なポジションを任せていただけることがやりがいになると思ったのでgritsに入社しました。

 

02.前職との違い

02.

前職では個人のお客様に対して不動産の注文住宅売買の営業をしておりました。前職と大きく異なる点はBtoCからBtoBの営業になった所です。この違いはかなり大きいのですが、1番実感する部分でいうと、BtoCの時と比べて商談時間が格段に短くなりました。gritsでの営業の相手はクリニックの先生なので、お昼休みも無かったり、夜は遅くまで患者様がいらっしゃる、急患で今すぐ対応しないといけないなどの状況の中で商談をしないといけません。より端的にまとめてお伝えする事が簡単なようですごく難しいですし、ヒヤリングもそこまでできないので前職との違いを実感しております。

03.オフの過ごし方
03.オフの過ごし方

03.

休日は趣味のゴルフ・草野球やYouTubeなどでアニメや海外ドラマ見て過ごしています。gritsは土日祝日が基本的に休みで、年間130日の休みがあってオンオフがしっかりとした生活ができます。野球とゴルフが好きな人が集まってくれたら個人的にはすごく嬉しいです。

04.仕事してみて感じた事

04.

当たり前のことですが覚えないといけない事が多いと感じました。ITの知識や、医療業界の事も覚えていかないといけないので大変だと感じますが、覚えてしまえばとても強いスキルになると思います。テレアポ、営業とディレクション(制作)にも段階がありますが、先輩社員からフィードバックがもらえるので、1つ1つ学びがとても濃く過ごせています。